お金 ビザ ワーキングホリデー 海外生活

【ドイツでアルバイト】2つの働き方でいくら稼げる?税金対策などについて解説!

投稿日:

f:id:japanergimpei:20190528021004j:plain

ワーホリ(ドイツ)でのアルバイトについてお話です。

 

ドイツで日本人がアルバイトする先として人気なのが

 

・ラーメン屋、寿司屋などの和食レストラン

 

日本人が店主をしていることも多く、そういったお店には日本人のお客さんも多いので日本人のアルバイトが多いです。

いずれのお店にもドイツ人やその他の外国人もきますし日本が好きなドイツ人がアルバイトしていたりします!

 

 

・サッカー(などのスポーツ)スクールコーチ

 

駐在員の子供に向けた日本人サッカースクールがあります。さすがサッカー大国ドイツです。ほかにも水泳や体操などもあります。

 

ドイツ語のレベル次第では全く日本人がいない職場など翻訳や通訳もあります!ドイツ語を伸ばしたいひとは一度挑戦してみましょう!

 

そしてワーホリビザで働ける形態は2種類があります。

今回はそれらについて解説していきます。

 

 

 

 

①ミニジョブ(Minijob)

 

ミニジョブでは稼げる額が決まっていて、

月に450€までは非課税で稼げるっていうルールがあります。それを越してしまうと税金を払う必要が出てきてしまいます。

日本に住んでいる人に馴染みのあるもので言うと103万円の壁と言われる制度に近いかなと思います。

 

年間にすると5400€まで稼いでいいことになります。日本の103万円に比べるとかなり少ないです。

 

しかし、学生目線になると

 

・ドイツの大学は学費が基本的にタダ(市内の電車もタダ、家賃もかなり安くなる)

・日本の大学は学費が高い

 

というところをふまえれば所得が低くても問題ないかと考えられます。

 

まあどちらにせよ学生が自分で稼いだお金だけで生きていくことは難しいですしね。

 

なのでこの働き方は、渡独した目的がほかにありお小遣い程度に稼ぎたい

というひとにおすすめの働き方です。

 

ちなみにミニジョブの場合、会社から保険等の加入は必須ではないので個人で保険に加入する必要があります。

加えて、年金も支払っていないことになります。Minijob-Zentraleという書類が届くかと思います。

こちらからドイツで年金を納めることができます。

 

ドイツで納めた税金は日本に帰国後も引き継がれるので安心してくださいね。

 

②フルジョブ

フルジョブではミニジョブのような制限はなく働くことができます。

なので月の給料は450€を超えます。

 

雇用としてはミニジョブと正社員の間になります。

アルバイトとして正社員よりもシフトを自由にできつつも、ミニジョブよりたくさん稼げます。

 

しかしドイツではアルバイトとして月の収入が450€を超えると税金を払うことと会社の指定する保険に入る必要があります。

これらは基本的に会社が給料から天引きしてくれます。 

 

この天引きされる額が割とデカイです。

中途半端に稼いじゃうとミニジョブ以下の所得になる可能性もあります。

なので450€を越す場合はしっかり1000€以上は稼いじゃいましょう。

 

飲食店ではチップもあるので週5くらいで働けばチップも含め1300€くらいは稼げます。

ちなみにチップは非課税で所得に給料に含まれません!

日本食レストランでは従業員全体に分配されますがそれ以外のお店では個人に配布されたりするのでモチベーションアップに大きく繋がります。

 

課税対象になると税金を払うことになるので税識別番号(Steuer Identifikationsnummer)が必要なので用意しましょう。

 

「税識別番号」に関連する記事がこちら

www.wohnenindeutschland.work

 

ワーホリビザを申請した際に加入した保険の期限がまだ切れていない場合、その保険を解約し、残りの期間の分は返金してもらえます。

 

求人の探す

あとは求人の探し方です。

基本的にはネットで探すことができます。

 

MixBというサイトがあってこちらでドイツの主要都市のアルバイトの求人や住居などさまざまな情報が載っているサイトです。

個人的に一番頼れるサイトかなと思っています。

 

ドイツニュースダイジェストではドイツ生活に関する総合的な情報が載っていて便利なサイトの一つです。ドイツ語できない人は利用するべきかと思いますね。

 

ここら辺が多くの人が観ているサイトだと思います。

 

現地に着いてからお店の様子を見てから決めるのもいいですね。

 

ちょっとしたアドバイス

ミニジョブは450€まで!フルジョブは思いっきり稼ぐ!を意識しましょう。

ワーホリ期間は働くこと以外が重要だと僕は思っているので(インターンなどは例外)アルバイトとプライベートのバランスをしっかりとることが大事です。

 

最低賃金を守っているかもしっかり確認しておきましょう。

ドイツに来たとはいえすべてがちゃんとした会社ではないという認識を持っておかないといけません。

油断してると弱者になってしまいこき使われっぱなしになってしまうケースも少なくはありません。

 

-お金, ビザ, ワーキングホリデー, 海外生活

Copyright© 京都人の起業ブログ(仮) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.