ドイツでのごみの処理方法!日本と違いすぎる。

f:id:japanergimpei:20190704043403p:plain
あまりこういったことを考える人は少ないかもしれませんが、海外でごみの捨て方ってどんな感じだと思いますか?

テキトーそう、しっかりやってる?

とか

少し想像してみてください。

 

 

 

答え。になるかはわかりませんが今回はドイツのことをお伝えします。

知ってる人もいるかもしれませんがドイツは『環境先進国』と日本でも言われ世界的にもレベルが高い施策などをしているんです。

住んでいるとそのような部分を目の当たりにし日本とはまた違った文化を体感できていると思います。

 

これまでにも自信のブログでドイツのペットボトルや瓶などの飲料ボトルについて書いたり、

www.wohnenindeutschland.work

日本でもビニール袋有料というニュースのようにドイツのお店でのビニール袋事情など

www.wohnenindeutschland.work

 発信してきましたがこれらには環境保護という観点からこのような施策がなされています。

 

今回はドイツでのごみの処理、分別についてご紹介していこうかと思います。

 

家庭ごみ

f:id:japanergimpei:20190704012754j:image

ドイツの住居はアパートメントのように他人とシェアしていることが多く、建物の前にこのようにごみ箱が置いてあることが多いです。

 

特徴としては

・ごみを捨てるのはいつでも大丈夫(曜日の指定なし)

・ごみ袋は指定されていないので基本何でも可

 

このあたりかなあと思います。

 

日本のごみ捨てのルールって(僕が住んでいたところでは)

・指定日のみしか捨てられない

・ごみ袋は指定のもの

・ネット被せないとカラスに荒らされる。

改めて考えてみると面倒なルールが多いですね。。

 

デュッセルドルフの周辺でごみの収集などしているのがAWISTAという会社で分別の仕方、何をどのごみ箱に入れるかというのを日本語でわかりやすく表にしてくれています。

 

ここに載せたいところですが著作権を考慮してやめておきます。

「ドイツ ごみ」とか「awista 日本語」とかで画像検索すれば見られます。

 

3つあるのは分別するためです。

青いごみ箱古紙を捨てる場所です。卵の紙パックや段ボールなどが対象です。直接入れて大丈夫。

黒いごみ箱:生ゴミです。タバコの吸い殻とかもここ。

黄色いごみ箱:ポリ容器などプラスチック製品や缶などです。牛乳パック等紙パックもこちら。

 

これをトラックにはめてそのままひっくり返して中身を収集していきます。

効率が超イイです。

 

ビンは3種類にわける

f:id:japanergimpei:20190704012731j:image

ビンは色に分けて捨てる必要があります。左から

・Weißes Glas:無色透明のビン(ワイン、調味料など)

・Braunes Glas:茶色いビン(ワインなど)

・Grünes Glas:緑のビン(ワイン、その他お酒)

 

ここには以前紹介ようなデポジットでお金が返ってくるビンビールは含まれないので注意。

www.wohnenindeutschland.work

 ここにも日本語があるあたりデュッセルドルフならではかも。

ドイツがここまで親切にするほどなので分別をきちんとしてほしいという気持ちの表れでしょうかね(笑)

f:id:japanergimpei:20190704012739j:image

 

 

街中にあるごみ箱

f:id:japanergimpei:20190704012720j:image

 ポイ捨て対策として街中になればなるほどごみ箱が置いてあります。

ちなみにこの2つのゴミ箱は10メートルもないくらい近くに置いてあります(笑)

f:id:japanergimpei:20190704012723j:image

 日本でも昔はありましたよね。公園にもあったのに僕が小学生のうちにはなくなってた気がします。

 

これもあってごみ箱が多く設置されているところでは基本ポイ捨ては少ない印象です。

これらのごみ箱からごみを回収していく人がいるので定期的に空になってます。

 

日本だと街の栄えてる部分とかではトングみたいなの使って常に道のごみを拾ったりしてる人が数人いるっていう印象なんですけど、間違いなくドイツのほうがいいと思います。もちろんそういう人がいるということはありがたいことなんですが。。

 

日本でも都市ごとにそういう取り組みしたらいいのにとは思いますけど家庭ごみが有料とか、そういうところから見直さないと成立しないですね。

 

日本と違いすぎて困惑

f:id:japanergimpei:20190627030953j:plain

ドイツに来た当初はごみ箱いっぱいありすぎてどこに捨てたらいいとか全然わかりませんでした。しかしドイツはごみの分別が厳しい国ということを知るとこれも納得。

 

もしこれからドイツに来る人がいたらこのブログを参考にしてくれればうれしいです。

都市によってごみ収集業者が違う可能性がありますが分別方法に大差はないはず。

 

先ほども伝えましたがより細かい分別方法などは調べれば出てきます。

印刷したりするのもいいと思いますよ。

  

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top