野球

【NPB】ドイツにも野球アカデミー作らないの?【指導者不足】

投稿日:

 

ドイツの野球は現状知る人ぞ知るといったところですが、年々レベルが上がっています。

野球レベルが上がってきたとともにさまざまなメディア媒体での野球中継が増えてきたり、ホームページをリニューアルしたり、SNS発信を盛んにしたりと、明らかに変わってきています。

 

僕はトップリーグのプレーヤーではないのでトップリーグのことはあまりわかりませんが、ドイツ国内では数少ないジュニアチームを持つチームに在籍しているので運よく10代の選手を見ることができています。

 

つまり彼らはドイツ野球の未来を担うかもしれない少年たちなんです。

見る限りドイツ人は平均的に体が大きく15歳から18歳くらいの選手たちでも日本人の中高生では考えられないような体つきをしていたりします。

しかし体の使い方が下手だったり、指導者が不足しているドイツではその体格を存分には活かしきれていないかなという印象です。

 

ジュニア世代のドイツ代表に選ばれているような選手はとても上手でうちのチームの大人たちに教えているほどのレベルです。

さすがにナショナルチームくらいになるとしっかり指導などされるようです。

つまりはちゃんと教えたらとんでもない選手がドイツにも誕生するのではないかというわけですね。

 

しかしドイツの素晴らしい選手はMLBに早くから引き抜かれていくのが現状だと思われます。

いい例がMLBでも最近活躍しているマックス・ケプラー(ミネソタ・ツインズ)。彼は早い段階でMLBから目をつけられていました。

 

野球を通じての日本とドイツの大きな関わりはないためにいい選手が日本に来るというルートはほぼないでしょう。

南アフリカに野球アカデミーを作るならドイツにも目をつけていいのではないかと思うのですがどうなんでしょうか。

 

野球が強いドイツを見たいのとNPBでドイツ人が活躍するのを見たい。

現状興行としての野球は実力的にもまだまだですがドイツがヨーロッパ大陸のMLBになれる余地は十分にあると思うのです。

 

ドイツ野球界には素材十分という選手が山ほど。ただトップリーグから下になると指導者不足が顕著に表れています。

NPB球団になんとかこういう意見が届いたらいいなと思っています。

-野球

Copyright© 京都人の起業ブログ(仮) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.