かんがえた 野球

【夢】京都でしたいことがあるのです

投稿日:

僕は野球が好きです。

このブログをいつも読んでくれている人や周りの友人ならわかってくれると思います。

 

ここ最近でやりたいことが出てきて黙っておくのも意味がないと思うのでここで発表しますね。

 

何がしたいのかというと、「京都にプロ野球チームを作る」ということです。

壮大な夢です。

でも夢で終わらせるつもりはありません。

 

なぜ京都かというと出身地だから、ただそれだけです!

 

現在日本各地にプロ野球いわゆるNPB球団が存在しています。

北海道、宮城、埼玉、千葉、東京、神奈川、名古屋、大阪、広島、福岡

 

これら11の都道府県に12球団が存在していますね。

ほとんどがそれなりに大きな県であるのにもかかわらず京都にはプロ球団がありません。

これが現実的な話なのか少し考えつつ書いていきます。

 

NPB以外のプロ球団

f:id:japanergimpei:20190808054957j:plain

プロ野球といっても日本には実はまだ他にもあるんです。

それが独立リーグ。

日本の独立リーグは2019年度は4つのリーグが存在していて

・四国アイランドリーグplus(4球団)

・ベースボール・チャレンジリーグ(ルートインBC)(計11球団)

・関西独立リーグ(4球団)

・日本女子野球機構

 僕が知っている限り男子の独立球団は19球団です。

それに加えて2020年からは北海道にも独立リーグが誕生するなど、毎年のようにチームは増えていってます。

 

独立リーグに所属している選手は球団により待遇は変わりますがみんながみんな給料をもらえているわけではなく現状無給の選手もいるようで一概に「プロ」とは呼べないかもしれません。

 

京都に独立野球チーム

f:id:japanergimpei:20190808054000j:plain

もし作るなら関西独立リーグに入ることになるのではないでしょうか。

現在このリーグに所属している4球団は大阪2チーム、和歌山、兵庫で構成されており大阪の堺シュライクスは2019年から参入しているようです。

 

滋賀にもチームはありますが所属しているのはまた別のリーグです。

 

京都にはサッカーやバスケなどのプロスポーツチームが存在していますがなぜ未だにプロ野球チームがないのか、もしかしたら理由があるのでしょうか。

 

独立野球チームの運営方法

f:id:japanergimpei:20190808053824j:plain

独立リーグ球団の主な収入源は

・入場料(ホームゲーム)

・グッズ売り上げ

・NPB入りした選手からの契約金、年俸から初年度のキックバック

・スポンサー収入

らしいですがこれがなかなか厳しそうです。

スポンサー収入というのがどこの球団も軸になるみたいです。

地元のスポンサーを獲得してしっかりお返しができるという仕組みをいかに作れるかが大事そうです。

 

野球事業だけでは厳しいことが分かったので野球につなげられる他の事業もあると強みになりますね。

 

四国では地域貢献が強いイメージですが京都にもこういった地域活性化みたいなのが有効なのかは気になります。

 

チーム運営を通じて日本の野球を変えたい

f:id:japanergimpei:20190808053618j:plain

ドイツで野球していると日本と違うことだらけで面白くて、野球のレベルでいうとやはり日本が勝りますがドイツからも学べる事ってたくさんあります。

国は問わず海外の野球と日本の野球を身を持って体験してる人って少ないと思いますし僕自身考え方とかもガラッと変わりました。

お互いの良いところを引き出しつついいチームを運営したいです。

 

独立野球のチーム運営がうまくいけば傘下のユースチーム作ることもいいなと思っています。

U18U15U12みたいな感じで。

特にU18なんかは学校の部活に属さずにクラブチームに入るということです。

高校は公立高校へ行き学費は抑えていい環境で野球ができるようになればいいかなと思っています。

 

最近は関メディベースボール学院のようなチームも出てきて甲子園には出られないところでプレーする18歳以下の子たちも多くなってきました。

「甲子園(高校野球)が野球人生のゴール」という見方も徐々に変わってきている証かなと捉えています。

 

もしこのまま「高野連に加盟しているチームだけが甲子園に出場できるんだ!」となるようであれば高野連に属さないU18チームだけで年間のリーグ戦とかもいいですよね。

 

関連記事

www.wohnenindeutschland.work

 

 

www.wohnenindeutschland.work

 

NPB再編に期待

f:id:japanergimpei:20190808054406j:image

 過去にホリエモンがプロ野球界に参入しようとしたこともありましたが、最近ではZOZO前澤社長がそういった夢を打ち明けたりと何となくですがプロ野球界動かないかなーとか思ってます。

 

希望としてはNPB16球団化ですね。

今より4球団増えれば京都からも参入の余地があるのではないかと思っています。

 

あとはプロ野球もJリーグのように天皇杯をしてみてもらいたいです。

独立球団側が試合を主催すればプロ球団が来るときにいつも以上の観客を動員できることが間違いないです。

 

 

というわけで夢を打ち明けました。なるべく早くかなえたいと思います。

おもしろいと思った人はぜひはてブなど、拡散していただきたいです。

興味がある、一緒にやりたいって人もいればご連絡お待ちしていますよ!

 

-かんがえた, 野球

Copyright© 京都人の起業ブログ(仮) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.