やりたいことはとにかく言ってみるべきだった

 最近やりたいことをブログに書きました。

www.wohnenindeutschland.work

 

 

Twitterでも発信してみると思ったより反響がありました。

(拡散希望とつけたからみんながリツイートしてくれました)

 

自分なりにこのブログ記事を投稿することとツイートすることは少しためらいがありました。

多少なり「そんなん無理に決まってる」とかそういうこと言われるかなと思っていたので。

 

そこで感じた「やりたいことをまずは他の人に伝えてみる」メリットを出していきます。

 

 

いい人はたくさんいる

Twitter自体長らくしていなかったんで「まだ使ってる人いるの?」なんて思ってました。見くびってしまいごめんなさい。

 

応援してくれる人は結構いるもんですね。

新しいことに対しておもしろいと感じてくれる人がいるんだと実感しました。

 

実際今のところはネガティブな意見は届いていません。

 

それもまだ影響力が足りてないからだと思うのでこれからももっと広めていけたらと思っています。

 

前に進める

やってみたいこととか、とにかく口に出してみたりツイッターに発信してみるとやりたいことがより明確になるんですね。

 

僕はツイッターやブログで発信するまで「いつか起業したい」「いつか野球チームを運営したい」と考えていましたが思い切って発信してみると一気にやる気が出てきました。

 

他者からの意見がもらえるというのは今の僕にはあんまりないことなので、ネットからでもうれしいことです。

 

いつかではなくよし今からやろうに変わりました。

 

もともと0から始めたツイッターなのでフォローしてくれている人は少なかったですが一つのつぶやきから100人以上増えました。

ここからはチーム設立までより具体的に詰めていくのでもっともっと「お、こいつほんまにやりおるやん」と影響を与えられるようになっていければと思います。

 

やりたいことはとにかく誰かに伝えてみることが大事です。

というお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top