かんがえた 野球

高野連非加盟が主流の学生野球にしていきたい

投稿日:

夏の高校野球もプロ注目投手の奥川君擁する星稜高校を履正社高校が下し閉幕しましたね。(スポナビでの結果しか知りません)

 

勝った履正社高校ですがなんと同校からは日本代表選手が一人もいないのですね。

それなのに強いのか、いい選手がいるのに選出されないのか。詳しいことはわかりませんが不思議ですね!

 

昨年でいうと大阪代表の優勝校大阪桐蔭からは5人くらい選ばれていたような気がします。。多分。

 

そんな感じで少し話は変わって高校野球、そして高野連のお話です。

先日、高野連が主催する(厳密には朝日新聞社も共催)高校野球大会の独特な規制についてブログで書きました。

 

www.wohnenindeutschland.work

 高野連の体制はハッキリ言って好きではないです。

そこでこれから独立リーグ球団を設立してからその先にしたいことがあるんです。

 

それが【アカデミーチーム(ユースチーム)】を作ることです。

サッカーJリーグのユースチームのようなものを想定しています。

 

つまりサッカー同様、高野連には加盟しないので甲子園にでることはないです。

現状高校野球をするには高校の部活しかないようなものなので高野連がここまで古い体制を変えず(変えてもほんのちょっと)に100回もの大会を続けてこれました。

 

高野連に対して不満を抱く人って割と多くいますがどれだけ文句を言ってもおそらく変わらないと思います。

それには理由があるようです。

 

まとまりがない連盟

f:id:japanergimpei:20190822180201j:plain

高野連は全国に支部を置いているためにそれぞれのローカルルールみたいなのができてしまうようです。

だから新潟県だけ球数制限。みたいなことも起きていますね。

 

野球人口が特に少ない県ではこういった制度を導入されると野球できる高校が減りかねません。

 

これを全国的にまとめることが難しいのでなかなか新しい制度を導入することができず体制を変えづらいということになっているようです。

 

変わらないなら勝手に変わっちゃえ

f:id:japanergimpei:20190808053618j:plain

それなら「高野連に加盟しないのを主流にしていこう」というのが僕の意見です。

他人が変わってくれるのを期待することほど無駄でストレスになることはないと思います。

 

もともとJリーグって運営の参考にしているのはおそらくヨーロッパですよね。

 

Jリーグでもユース(下部組織)というのはしっかり浸透していていいことだなと思いますが、高校野球でこれをできないのが甲子園の存在が大きすぎるから。

 

高野連と違う部分

f:id:japanergimpei:20190822181146j:plain

・一発勝負のトーナメントではなくてリーグ戦

・カラー制限とかほぼなし

・学校の枠にとらわれない!例えば公立校に進学している有望な選手同士でプレーできる(学費は安く抑えて野球に少しお金をかけることもできる)

 

みたいな。

柔軟に他国の成功事例をどんどん取り入れていくべきです。

実際に同じアジアでも韓国野球が参考にしているのはMLBなんです。

 

人種や国の規模の違いはほぼ関係ないかと思います。

韓国のプロ野球の規模と日本のプロ野球の規模は違いますが国際野球をしてみると圧倒的な差もなくて負けたりするくらいですから。

 

【想像】高校野球を分割してみる

f:id:japanergimpei:20190822181330j:plain

余談であくまで想像ですが高校野球をガチ勢とエンジョイ勢に二分してみたいと思います。

 

①甲子園・プロの為に頑張る

②ただ野球できてたらそれでいい

 

で参加する大会を分けてみてほしいです。

 

①前者は今の甲子園のように一部の強豪たちで甲子園を戦う。

ー実際甲子園に来る高校って常連校という言葉があるくらいですしこの大会の参加校は減ると思います。それによって選手の体力的にも試合数が減るのはそれでいいと思うし、なおかつ強い者同士で切磋琢磨しあえる。

 

②後者は野球部に入るハードルが低くなって部員数が増えそう

ー「高校野球するには覚悟が必要だ」

 みたいなのもなくして野球できるハードルを下げながら実力も上げていくということは可能だと思っています。

 

どちらがいい・悪いと優劣つけるつもりはもちろんありません。

ユースチームとはいっても色んなレベルのチーム持ったりできればいいなとか思っています。

本気でプロ目指すひとや楽しい野球がしたいとか。。

 

ドイツの学生世代を見ていて感じたことです。

青春ってドイツ語でなんていうんやろ。

-かんがえた, 野球

Copyright© 京都人の起業ブログ(仮) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.