海外生活 野球

ドイツで野球しませんか【仲介】

投稿日:

f:id:japanergimpei:20190716050449j:plain

来季(2020年3月頃から)ドイツ・デュッセルドルフに渡り野球をプレーしたい方いらっしゃればお繋ぎします。

 

僕が所属しているドイツの硬式野球チームはドイツ野球3部に所属しており現在リーグ首位と僅差で2位につけております。

 

ドイツ野球では1部と2部がブンデスリーガとなり、もしもうちのチームが1位につけてシーズンが終われば2部昇格が見えてきます。

ブンデスリーガというとおそらくサッカーで聞きなじみのある名前ではないでしょうか。

 

チームの主力は15歳から24歳くらいまでがほとんどで一人一人がまだまだ上達していきそうな選手ばかりです。

現在は1日2時間の練習を平日2回(ピッチャーは+1回)しています。

2部昇格があればもう少し頻度が上がるかもしれません。

 

試合は週に1度くらいのペースで1日に2試合をこなし、3部では1試合7イニング、2部では9イニングとなります。

 

ドイツ野球の2部や3部でプレーする場合は野球選手として生計を立てるのは不可能です。

なので本当に海外の野球に触れてみるという感じです。

 

トップリーグである1部でプレーするならチームとタイミングによりますが野球選手として暮らしていくこともできます。

 

今季デュッセルドルフは4部から昇格して一年目で3部の首位争いに立っていますが、来季2部昇格してその次の年に1部昇格というのもドイツの場合あり得ます。

現在サッカーのトップリーグでここ数年上位にいるRBライプチヒなんかもそうです。

 

ただ、そうはいかなくてもドイツで働いてみたい、ドイツの大学で学んでみたいということもあるならせっかくなのでドイツ人と野球してみてはいかがですか?

というお話です。

 

ちなみに過去には3部でプレーしていたところから1部に行った日本人選手もいるので上でやることを望むなら活躍していれば移籍ということもあります。

 

こんなに人にオススメ

・まだまだ発展中の海外野球に興味がある方。(日本とは全然違うのでかなり新鮮だと思います!)

 

野球経験:2部からは3部以下と違って木製バットを使うことになるので最低でも日本の高校野球レベルはないといけないかなと感じています。

 

語学力:チームメイトとコミュニケーションを取るために会話ができる程度の英語(できればドイツ語も)

それなりに英語やドイツ語を話せればアルバイト先などを探す面でも楽になります。

 

サポート内容

僕ができることとしては、

①デュッセルドルフ市内での住居探し

②アルバイト先の紹介(語学力に自信がなくても日系企業もあります)

③ドイツ語の語学学校紹介(通うペースは様々です)

④その他要相談

 

野球チームからは基本ビザは出ないのでワーキングホリデーを使うことになるか、語学学校ビザになります。

 

これらのサポート(④を除く)では手数料をいただきますので詳細は直接お問い合わせください。

そのほかデュッセルドルフのチーム以外の他チーム(1部や2部)について、ドイツ渡航についての相談も受け付けているので気軽にご連絡ください。

-海外生活, 野球

Copyright© 京都人の起業ブログ(仮) , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.