【2019 最新版】日本と全然違う!ドイツでの電車の乗り方 チケットの買い方を解説【デュッセルドルフ編】【切符】

海外に訪れた時に知っておいて損がないのが現地の電車情報。

 

国により言語も違ううえにシステムは様々であらかじめ知らないとせっかくの旅行で無駄な時間を過ごしてしまうことも。。

 

僕自身ドイツに来た時は日本とは全然違ってはじめは戸惑いましたし、乗り方もあまり理解しておらずなんとなくで乗っていました。(笑)

 

今回はこれからドイツに来る方や来たばかりの人に向け解説していきます。

 

デュッセルドルフでの定期券の購入も!

 

 

 

ドイツの電車には改札がない?

f:id:japanergimpei:20190622001630j:plain

ドイツの電車に乗る際は改札がありません!!

知らないうちに駅のホームについています。

 

これはおそらくトラム(路面電車)がかなり普及している影響だと考えられます。

 

写真右側にみえる「U」の字はU-Bahn(地下鉄)を表しています。

地上を走るトラムのようですが若干停車駅の間隔が遠いです。

 

京都にも嵐電や叡電といった路面電車がありますがこれらは車内で精算します。

 

それもありません。トラムでいちいち改札通してたら面倒ですからね。

 

ICEなどの特急系の電車も会社が同じ(JRみたいなん)なのですべて改札はないです。

 

 

それ、鉄道会社大丈夫なん?っていう話ですよね。

 

チケットはそれでも買いましょう

f:id:japanergimpei:20190622004031j:plain

Hauptbahnhof(中央駅=Hbf)のような大きい駅ならいたるところに券売機がありますのでそちらで購入可能です。

 

※「チケット購入を手伝うよ」って言ってチップをねだってくる輩が時々いますが鉄道会社とは全く関係ないので注意してください。

 

小さな駅からはそのホームに券売機が設置されていることがありますのでそちらから。

 

で、どこにも見当たらないっていう場合はトラム(またはU-Bahn=地下鉄)の車内に一つの車両に一台はあるはずなのでそこで買えます。

 

S-Bahnのような少し大きい電車だとできるだけ乗車前に駅のホームで買うのがいいです。

 

 

f:id:japanergimpei:20190622004107j:plain

 カードも通せますが使えないこともあるのでなるべく現金(小銭)があると便利です。

 

チケット(切符)の使い方

f:id:japanergimpei:20190621230625j:image

購入したチケットは乗車前または乗車直後に日付と乗車駅を打刻して持っておきます。

 

打刻できる場所は駅のホームか車内。

写真撮り忘れたので後日載せておきます。

 

6月23日 追記

 

f:id:japanergimpei:20190623020439j:plain

車内で打刻しました!

片道券の場合は表側を上にして差し込みます。

 

そうすると車内にみんながチケットを持っているかを確認するために検札官が来るわけですが、これが本当に稀な確率で来るのでほとんどはチケット買って誰にも見せることなく電車を降りることになります。

 

ならチケットいらなくね?って思うかもですが検札官たちは神出鬼没。

完全な私服で行動しているので見分けるのは難しいです。

 

ちなみにチケット持っていなかったり無効だった場合は罰金が課せられます。(デュッセルドルフなら60€)

 

しっかりチケット買っておいたほうが確実ですね!

 

バスに乗る

ちなみにバスに乗る際は運転手から直接チケットを買う、または持っているチケットをみせます。行きたいところを伝えるとその分の料金を言われるので払っておけば大丈夫です!

チケット(切符)の種類、値段、買い方など

f:id:japanergimpei:20190622004341j:plain

チケットにはいくつか種類があり、

Einzelticket(片道券)4er Ticket, 10er Ticket などの回数券(少しだけ割安)、一日、二日、一週間、1か月といった期間のチケットがあります。

 

ドイツでは日本のように○○駅から○○駅は200円!みたいなのではなく範囲で決まっています。

 

デュッセルドルフ市内であれば市内中心部のA1は片道料金1.70€郊外まではA3で2.90€となっています。

 

画面上にあるのはA3ゾーンの駅なのでA3をタッチして購入します。

 

16歳までなら子供料金で購入できます。

 

複数回使えるチケットを買えば電車(S-Bahn)トラム、バスすべてに使えます。

その際は使える範囲などに注意です。

 

行先がいくらで行けるかわからない場合は画面右下 Fahrtziele(目的地) を押して行先を入力すれば金額が表示されます。

 

デュッセルドルフの定期券

f:id:japanergimpei:20190621230407j:image

デュッセルドルフの定期券はTicket1000と2000の二種類と6つの料金形態があります。

Ticket1000よりも2000のほうが10€程高くてオプションがついています。

 

Ticket2000のオプション

・自転車を持って乗れる(通常は別料金)

・月-金 19時以降と土日祝 終日は大人一名、子供(6‐14歳)はチケットなしで無料で同乗できる。

 

まとめるとこんな感じです。

f:id:japanergimpei:20190621230422j:image

料金形態はA1 A2 A3 B C Dに分かれていてデュッセルドルフ市内ならA3でどこでも行けます。

 

最大のDゾーンは赤枠内はどこでもいけますがあまり必要ないと思います。

 

オンラインで買おう

 

f:id:japanergimpei:20190622004953p:plain

定期券の購入はDeutsche Bahn のアプリDB Navigatorからがオススメ。

 

このアプリがあれば日本のナビタイムみたいな使い方や格安の特急券が買えたりもします。

 

窓口での購入はどうしても毎月1日から有効のチケットになってしまうのでそれ以外の日に買うと損してしまいます。

 

アプリから買うと日付の融通が利くのでそちらからがいいです。

おそらく窓口の業務を減らすことを目的としているのでしょう。

 

購入方法

①自分の最寄駅からよく行く場所の駅をアプリ内で検索。

f:id:japanergimpei:20190622011642j:plain

 

②適当に提案された内容を選ぶ

f:id:japanergimpei:20190622011705j:plain

 

③30‐Tage Ticket 1000/2000を選ぶ

f:id:japanergimpei:20190622011722j:plain

 

④クレジットカード情報を入力すればQRコードが手に入ります!

 

それを検札に見せればオッケー。

 

電車をうまく使い快適なドイツ生活・旅行を!

今回はデュッセルドルフが中心の話になりましたが大方どこの都市も同じような感じです。

 

違うところがあるとすれば区間の表し方が違ったりとか?

 

役に立った、おもしろかったという方はスター、ブックマークなどよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top